読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール倉敷店 シマブロ

島村楽器 イオンモール倉敷店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

StudioJack!!! 2015年4月1日開催レポート!!!!

イベント企画者の清原です!エイプリルフール真っ只中、総勢8組のアツ過ぎるバンドがカマしてくれました!エイプリルフールなのに嘘一つつかず、いやむしろ全身全霊のモロ出しでライブしてくれた出演者さんには敬意すら覚えます!
満員御礼、多くのお客様に集まって頂き、最高の一日でした!
以下、各バンドレポートです!

①お魚図鑑
f:id:shima_c_kurashiki:20150402181935j:plain
トップバッターはピチピチのギャルバン!お魚図鑑!!
広島県よりわざわざ倉敷を荒らしにきてくれました(笑)
初ライブという事で始まる前はガチガチに緊張していましたが、曲が始まればなんのその、安定したバンドサウンドで会場を盛り上げてくれました!
ツインヴォーカルという渋いスタイルで会場からも手拍子と歓声が起こり、ノリノリのお魚サウンドでトップバッターを乗り切ってくれました!


②Bravers
f:id:shima_c_kurashiki:20150402182002j:plain
倉敷店で週1は絶対に見かける、リーダー小川氏率いる「Bravers」!
DJあり、同期サンプラーありの次世代なサウンドでブチかましてくれました!
1曲目からアゲアゲなダンスチューンで爆走した後は、極上スイートなバンドサウンドに!
ジャンルに縛られない幅広い音楽性で駆け抜けてくれました!
DJとバンドがどこまで絡んでいくのか、これからの音楽性に乞うご期待!

③Stillness Motions
f:id:shima_c_kurashiki:20150402182018j:plain
ロッケンロール、Rock'n'Roll!!!
そう叫びたくなるようなバンド、「Stillness Motions」!
激シブな選曲群で思わずニヤリとしてしまうワタクシ...イイゾ!
ロックンロールバンドには無いといけない各パートソロタイムを発射し、会場は歓声の嵐!
古き良き物ってやっぱりイイんだなと痛感したライブでした!

④S.peranza
f:id:shima_c_kurashiki:20150402182041j:plain
ブッチギリの数のオーディエンスを要し、己の存在を証明したポップパンクバンド「S.peranza」!
前回のライブでは私もビデオ係として会場に居合わせていたのですが、段違いに成長しています!
各パートもよりソリッドに、よりタイトになり同じ曲でもここまで変わるのかとびっくりしました!
そりゃー人気も出るはずです!一時会場の扉が閉まりきらず、外で立ち見のお客さんまで出るというカオスっぷり(笑)
「S.peranza」は今年の熱い夏をもっと熱くしてくれますよ!

⑤EBB TIDE KEY
f:id:shima_c_kurashiki:20150402182056j:plain
安定したステージングと確かな演奏力でライブバンドとしての意地を見せてくれた「EBB TIDE KEY」!
ライブをするにあたってかなり大事な「各パートのバランス」が一番しっかりしていて、PAとしても安心できました!
出るとこはしっかり出る、誰かが前に出る時は支えるという、基本ですがかなり難しい事をやっているのは誇るべきポイントです!
ライブ中盤をガッシリ演奏して後半に向けてのバトンパスを上手くやってくれました!ありがとう!

⑥青いウサギ
f:id:shima_c_kurashiki:20150402182111j:plain
こちらは倉敷店お馴染みのメンバーで構成されたロックバンド「青いウサギ」!
紅一点ヴォーカルとキーボードが架け橋になって「青いウサギ」が奏でるノスタルジックな世界へと誘ってくれました!
時に切なく、また時に激しく展開していく曲調はまるで映画を見ているような印象でした!
トラブルもあったものの、バンド全体が一丸となって進んでいく姿は見ていて感動しました!
ギターとヴォーカルの弾き語りも交えた運びもよく、どんどん「青いウサギ」ワールドを追求していって下さい!

⑦Lively Play
f:id:shima_c_kurashiki:20150402182127j:plain
こちらももうお馴染みですね!岡山県倉敷発のギターロックバンド「Lively Play」!
見る度に成長しているのが分かります!メッチャ練習しとるんじゃろうなー!←タメ口すいません(笑)
ガシガシライブもしているみたいで、ライブの流れが良い意味でラフな感じになってきて、バンド全体で「俺達がLively Playだっ!」と表現するのがとても上手くなっていました!
しかしワタクシのせいでドラム氏が上半身脱ぐ事になり...まあソレによりバンド全体&お客さんのテンションも激上がりしていたので許して下さい!
夏のホットラインで会いましょう!

⑧くろうま
f:id:shima_c_kurashiki:20150402182141j:plain
今回の大トリを飾るのは新見からの刺客!新見の激テクミクスチャーバンド「くろうま」!
噂では聞いていましたがまさかここまでの逸材とは...素晴らしい!
年齢関係なく各メンバーが文字通り「猛獣のシバキ合い」のようなプレイの応酬で、お客さんも我先にとカメラを構えていました!
ライブの運びも歌モノからインストでつなぎ感動のクライマックスまで息を呑む展開を突っ走っていきました!
圧倒的なライブパフォーマンスでブチかましてくれて、「くろうま」で最高のフィナーレを迎えることができました!

以上の8バンドに参加して頂きました!!

どのバンドも力いっぱい演奏し、会場が一つになった気がします!!皆さん緊張な表情を出しながら、笑顔で音楽を楽しんでいました!その中で、時折みせる真剣な表情。。。かっこいいなぁと見ていました!出演者の方々や来場者もライブという空間は好きだと思います。その空間を好きでいれるのも日々練習し見てくれる人の為に一生懸命頑張る出演者の方やそれを応援・盛り上げてくれる来場者が毎回一つになって音楽を楽しむからだと思います!これからも楽しいミュージックライフを共に味わっていきましょう!!!!!!

次回もライブ行いますので、たくさんの出演お待ちしております!!!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.